会社概要

会社情報

当社は知的障がい・発達障がいがある方のための
専門保険会社です。

名称 ぜんち共済株式会社
所在地 〒102-0073 東京都千代田区九段北3-2-5 九段北325ビル4階 TEL 03(6910)0850 FAX 03(6910)0851
URL http://www.z-kyosai.com/
事業内容 少額短期保険業 登録番号:関東財務局長(少額短期保険)第14号
詳しくはこちら→金融庁HP
資本金 9,460万円
主な取扱保険会社 東京海上日動火災保険株式会社
募集文書番号:19-T04467
作成年月:2019年10月

経営理念

すべての出逢いと尊び 心を尽くし
誰にも優しい社会を創造します

社是

ともに助け ともに生きる

設立経緯

ぜんち共済は、2000年7月に相互扶助の精神に基づいて、全国の知的障がい者とその関係者の方を対象として福利厚生制度を行うために設立された全国知的障害者共済会を前身としています。
これまで、知的障がいがあるが故に十分な保障が受けられなかった方々にとって大変素晴らしい共済であると多くの方から高い評価を得てまいりました。
2006年の保険業法の改正に伴い、2万人を超える加入者の受け皿として、さらには一人でも多くの知的障がい・発達障がいのある方が、今後も幸せで平穏な生活を送れることを願い、「ぜんち共済株式会社」が新たな株式会社として誕生しました。

沿革

2000年7月 知的障がい者の福利厚生制度を提供する「全国知的障害者共済会」発足
2000年10月 「新せいめい賠償共済」募集開始
2006年11月 「ぜんち共済株式会社」設立
2008年2月 関東財務局長(少額短期保険)第14号登録
2008年4月 「ぜんちのあんしん保険」発売開始
2015年4月 「ぜんちのこども傷害保険」発売開始
2015年12月 契約数が4万人を超える
2019年3月 収入保険料が10億円を突破
2019年4月 契約数が4万5千人を超える

経営の方針等

●前身である「全国知的障害者共済会」が掲げる「ともに助け、ともに生きる」の精神を継承して、保険業法に適合し、更に知的障がい・発達障がいのある方特有の様々なリスクとニーズを考慮した、「安心した生活」をもたらすことのできる商品設計を心掛けます。

●各種関係法令を遵守して、適切な引受と適正な保険金支払等の健全な経営ならびに事業運営を行います。

役員一覧

代表取締役社長 榎本 重秋
取締役 安藤 富夫
取締役 亀田 秀明
2008年2月 関東財務局長(少額短期保険)第14号登録
監査役 清水 治弘
監査役(非常勤) 松田 賢一郎

顧問弁護士

・佐藤 彰一
・村田 雅夫
・関哉 直人
・藤原 家康
・喜多 俊弘

販売商品 少額短期健康総合保険

商品コンセプト

知的障がいや発達障がい、自閉症、ダウン症などの方が安心した生活をするために加入する「基本保障保険」。少額短期保険だからこそ生命保険と損害保険の良さを合わせ持つ保障を実現しました。

知的障がい・発達障がい、ダウン症、てんかんのある方のための総合保険 東京海上日動の個人賠償責任補償付 ぜんちのあんしん保険
特別支援教育を必要とされているお子様向けの傷害保険 東京海上日動の個人賠償責任補償付 ぜんちのこども傷害保険